メインコンテンツまでスキップ

事前準備(システム管理者)


概要

このページでは、ユーザーがTimeTracker NXを利用する前に必要な事前準備の内容を紹介します。

info

本設定は、システム管理者によって行われることを想定しています。

事前準備の流れは以下のとおりです。

  1. TimeTracker NXのインストール
  2. マスターデータの設定
    1. 組織の作成
    2. システムロールの作成
    3. ユーザーの作成

1. TimeTracker NXのインストール

まず、TimeTracker NX をインストールしてください。
インストール手順の詳細は「セットアップガイド」をご確認ください。

info

セットアップガイド中の「データベース作成」でご紹介している「サンプルデータ」は含めないでください。
本ガイドは、空の状態のデータベースを前提としています。

2. マスターデータの設定

ここまでの手順においてサーバー環境を構築し、TimeTracker NX用のデータベースが作成できました。

次に、マスターデータの設定を行います。

  • ユーザーがクライアントPCのブラウザからTimeTracker NXを利用するためには、このマスターデータを設定する必要があります。
  • マスターデータとは、以下のようなデータベース共通の基本情報を指します。
    • 組織情報
    • システムロール情報
    • ユーザー情報

ブラウザを起動し、以下のURLでTimeTracker NXにアクセスしてください。

    http://(TimeTracker NXのサーバーマシン名)/TimeTrackerNX/admin

ログイン画面が表示されるので、以下のログイン名とパスワードを入力してください。

項目名入力内容
ログイン名データベース作成時に登録した管理者アカウントのログイン名
パスワードデータベース作成時に登録した管理者アカウントのパスワード

ポイント

マスターデータの設定する際、「組織」や「役割」の定義方法に悩まれる方がいらっしゃいます。

実際の組織体系をそのまま定義する必要はありません。
以下のステップで設計することで、TimeTrackerを有効に運用できるようになります。

  1. TimeTrackerの利用目的にあわせてユーザーを分類する。
  2. 「役割」の構成を設計する。
  3. 実際の組織体系(組織階層)を必要な粒度で反映する。

例として、以下のようなケースがあります。

役割参照可能にする範囲
TimeTrackerの管理者すべての情報
部門長(部長や課長)部門全体のプロジェクト情報
マネージャー所属部門のプロジェクト情報
リーダーやメンバー所属するプロジェクトの情報

2-1. 組織の作成

Adminの画面上で、まず組織を作成します。

info

実際の部署やチームなどに合わせて組織を作成するのがおすすめです。
定義した組織の単位で工数集計などが可能になります。

作成手順

  1. 画面左側のリストから、「組織」をクリックする。

  2. 「+」をクリックする。

  3. 「組織の作成」ダイアログで以下の項目を入力する。

    項目名入力内容
    名前定義する組織の名前
    英語表記名英語表記にした際の名前であり、検索時に利用する
    コード組織を体系的に管理する場合に設定する任意の文字列
    説明定義した組織を説明する文字列
  4. 必要な組織をすべて定義するまで、手順1~3を繰り返す。

ポイント

組織は、最大16階層の階層構造にすることができます。
組織をドラッグ&ドロップで任意の位置に自由に移動することで、簡単に構成を変更できます。
以下は、階層構造された組織のイメージです。

2-2. システムロールの作成

システムロールとは、ユーザーが利用可能な機能を定義したものです。
ここで定義するシステムロールをユーザーに割り当てることで、各ユーザーが利用可能な機能が決まります。

作成手順

  1. 画面左側のリストから、「システムロール」をクリックする。

  2. 「+」をクリックする。

  3. 「システムロールの作成」ダイアログで以下の項目を入力する。

    項目名入力内容
    名前定義するシステムロールの名前
    説明定義したシステムロールを説明する文字列
  4. 「プロパティ」アイコンをクリックする。

  5. 「編集」ボタンをクリックする。

  6. システムロールの権限とアクセス範囲を入力する。
    対象の権限は以下です。
    (アクセス範囲については「システムロールを変更する」の「アクセス範囲の定義」をご参照ください。)

    No.機能項目権限の内容
    1システムログインTimeTracker NXにログインができる。
    2システム管理Adminの利用ができる。
    3プロジェクトプロジェクトの作成プロジェクトの新規作成ができる。
    4プロジェクトの管理プロジェクト設定の閲覧・編集ができる。
    5プロジェクトの編集ワークアイテムの編集ができる。
    6プロジェクトの閲覧ワークアイテムの閲覧ができる。
    7ユーザーアカウント設定の変更ログインユーザーが自分のユーザー情報の編集ができる。
    8タイムシートの編集タイムシートの編集ができる。
    9タイムシートの閲覧タイムシートの閲覧ができる。
    10マイページワークアイテムリストワークアイテムリストの閲覧ができる。
    11分析ダッシュボードダッシュボードの閲覧ができる。
    12プロジェクト横断プロジェクト横断の閲覧ができる。
    13ピボット分析ピボット分析でデータの集計・閲覧ができる。
    14リソース負荷リソース負荷の閲覧ができる。
    15実績エクスポート実績エクスポートの実行ができる。
    16コストコスト閲覧コストの閲覧・編集ができる。
    info

    Standard Editionでは、以下の権限が設定できません。

    • No.10 : 「ワークアイテムリスト」
    • No.13 : 「ピボット分析」
    • No.14 : 「リソース負荷」
  7. 「保存」ボタンをクリックする。

  8. 必要なシステムロールをすべて定義するまで、手順1~7を繰り返す。

以下は、職制によって権限を定義する例です。

  • 設定したい内容

    • 部長:分析やコスト管理
    • マネージャー:プロジェクトの作成、編集
    • リーダー:プロジェクトの編集
    • 担当者:プロジェクトの閲覧(編集は不可)
  • 設定結果(「○」が許可した権限)

    システムロール名システム管理プロジェクトの作成プロジェクトの編集プロジェクトの閲覧ダッシュボードプロジェクト横断コスト閲覧
    部長
    マネージャー
    リーダー
    担当者

2-3. ユーザーの作成

いよいよユーザーの作成です。

ここで定義するユーザー情報を使用して、各ユーザーはそれぞれブラウザからログインしてTimeTracker NXを使用することになります。
利用予定のユーザーの分を作成してください。

作成手順

  1. 画面左側のリストから「ユーザー」をクリックする。

  2. 「+」をクリックする。

  3. 「ユーザーの登録」ダイアログで以下の項目を入力する。

    項目名入力内容
    名前定義するユーザーの表示名
    英語表記名英語表記にした際の名前であり、検索時に利用する
    コードユーザーを体系的に管理する場合に設定する任意の文字列
    ログイン名ログインする際に入力するログイン名
    パスワード・パスワードの再入力ログインする際に入力するパスワード
    組織ユーザーが所属する組織
    システムロールユーザーに付与する権限を定義したシステムロール
  4. 必要なユーザーをすべて定義するまで、手順1~3を繰り返す。

ポイント

登録するユーザー数が多い場合は、手作業での登録は大変で入力ミス等が発生する可能性があります。
一度に多数のユーザーを登録する場合は、「ユーザー情報のインポート機能」を利用することをお勧めします。
ExcelやCSV形式のファイルに記述した情報を基に、一括してユーザーを登録することができます。

ここまでの処理で、TimeTracker NXの利用を開始するための事前準備が完了しました。
システム管理者の方は以下の情報を各ユーザーに連絡してください。

  • アクセス用のURL
  • 設定したユーザーのログイン情報(ログイン名とパスワード)

上記情報により、各ユーザーはクライアントのブラウザを通じて TimeTracker NX を利用できます。