メインコンテンツまでスキップ

プロジェクト計画の作成


このページでは、TimeTracker NX上でプロジェクトの計画を作成する方法を紹介します。プロジェクトの作成、タスクの追加等については「利用開始~工数入力ができるようになるまで」で紹介しました。そこで作成したプロジェクトにスケジュール等を設定することで、進捗管理に活用できるようになります。
本ページの流れは以下のとおりです。

  1. タスクに計画工数を設定する
  2. タスクにスケジュールを設定する
  3. 表示フィールドをカスタマイズする

1. タスクに計画工数を設定する

タスクに計画工数を設定することで、プロジェクトの作業量(工数規模)をプロジェクトに反映させておくことができます。また、実績工数と対比することで、工数の予実管理にも活用できます。例えば、実績工数が計画工数を上回った場合、実績工数が赤字で表示されます。

注意すべきタスクを見逃しません。
タスクに計画工数を設定する方法は以下のとおりです。

  1. タスクの「計画工数」列を選択し、ダブルクリックする。
  2. 計画工数を数値(時間単位)で記入する。

タスクに設定した計画工数は、WBSの上位階層にも自動的に積み上げて反映されます。

2. タスクにスケジュールを設定する

プロジェクトのスケジュールをTimeTracker NX上に反映させるには、タスクにスケジュール(開始日~終了日)を設定します。タスクの「開始日」と「終了日」列をそれぞれダブルクリックして日付を設定することも可能ですが、ガントチャート(線表)上で設定するのが直感的で簡単です。

操作手順

  1. 「ガントチャートの表示」アイコンをクリックする。
  2. 表(テーブル)とガントチャートの境界線をドラッグして、ガントチャートが操作しやすいよう表示範囲を調整する。
  3. ガントチャート上で、対象タスクの行をドラッグする。
    ドラッグした範囲の期間が、タスクのスケジュールとして設定されます。

設定されたスケジュール(ガントチャート上の線)は、ドラッグ操作により移動や期間の拡大・縮小が可能です。

info

「日」・「週」・「月」アイコンにより、ガントチャートの表示単位が切り替えられます。「前の期間を表示」・「次の期間を表示」アイコンにより、ガントチャートの表示範囲が移動できます。スケジュールの設定は、WBSの末端のタスクだけではなく、その上位のパッケージにも直接設定することができます。

info

作成したガントチャートは、Excelに出力することができます。
Excelに出力する方法については、「ガントテーブル・ガントチャートを出力する」 をご覧ください。

3. 表示フィールドをカスタマイズする

プロジェクト画面では、表(テーブル)に含まれるフィールド(列)の構成を業務内容に合わせて使いやすくなるよう自由に変更することができます。そのための操作方法を紹介します。

  • フィールドの並び順を変更する
    見出し行のフィールド名表示部分をマウスでドラッグすると、フィールドの並び順を変更することができます。重要なフィールドは左に寄せるなど、必要に応じて自由に調整可能です。
  • 表示対象フィールドを追加する
    TimeTracker NXでは、現在表示されているフィールドだけでなく、その他にも多くのフィールドが利用可能です。フィールドをテーブルに追加する方法は以下のとおりです。
    1. 表示されているテーブル名の右端にあるアイコンをクリックする。
    2. 「テーブル一覧の設定」を選択する。
    3. 「テーブル一覧の設定」ダイアログで、対象のテーブルを選択し「編集」をクリックする。
    4. 「フィールド一覧」から表示するフィールドを選択し、「→」をクリックして「表示フィールド」に追加する。

      表示するフィールドから削除する場合は、「表示フィールド」から削除するフィールドを選択し「←」をクリックする。
    5. 「OK」ボタンをクリックする。

列の表示・非表示を変更する際に「↑」または「↓」をクリックすることで、列の表示順が変更できます。複数のテーブルを設定し、切り替えて表示させることも可能です。
進捗管理用、工数管理用などテーマごとにテーブルを設定すると、必要以上に表示フィールド数を増やすことなくシンプルにプロジェクト画面が活用でき、大変便利です。